お稽古感覚で通えるエステスクールも!エステティシャンになるまで


至福のひとときともなるエステは自分で技術を身に着ける事も出来、手に職をつけることもできます。そんな人気の職、エステティシャンは今ではお稽古感覚で通えることができるところもあれば本格的に仕事として学ぶことができるところもあり、通信でも学ぶことができます。

今回は、エステティシャンになるまでの学び方や国家資格などについてまとめてみました。

エステの専門学校について

エステティシャンなどになる場合は、エステの専門学校に通う必要があります。学校はそれぞれのコースが用意されていて、 エステティシャン以外にもアロマやセラピスト、 メイクアップアーティスト、ブライダルビューティやネイリストなどがあります。

また、昼間通うのが難しい人向けに、夜間部コースなどもあります。必要な知識や技術力を学ぶ以外にも、資格取得なども出来ます。これは就職するときにも有利になるもので、主に AEA認定エステティシャンやJMAメイクアップ技術検定、 アシスタントブライダルコーディネーター、JNAネイリスト技能検定、 アロマコーディネーターライセンスなどです。

勿論、学校に通った後の就職に関してもサポートをしていて、大手からの企業が学校に訪問してきて、就職研修会や業界ガイド、また就職に欠かせない面接や個別面談などの演習も行っています。就職に有利になる講座やイベントなども開催しているので、安心して学校で学んでいくことが可能です。

学校では、詳しい資料請求やオープンキャンパスなども開催しています。オープンキャンパスでは、エステ体験や授業風景、施設などの見学などが出来ます。これらは主に無料になっているので、学校を選んでいくときにもとても参考になります。

お稽古感覚で通えるエステスクール

女性にとって至福のエステは、自分で技術を身につけることもできます。手に職をと考えて、本格的に養成のための学校に入ることもできます。セルフケアに役立てたい人向けに、気軽に通えるエステスクールもあります。本格的に学ぶとなると、費用もお金もかかりますから、本当に仕事にしたい人向けです。

お稽古感覚でレッスンに通えるスクールは、女性に人気があります。 本格的に仕事をしたい人向けと、気軽なレッスンを受けたい人向けに、同じ学校でもコースが分かれているので、自分の望むコースを選ぶと良いです。体験レッスンを行っている教室もあるので、チャレンジしてみるのも良いです。

セルフエステで美しさをアップしたい人にも、何か趣味を持ちたいと考えている女性にも、お稽古レベルで学べるのは、通って楽しくなります。プロを目指すのとは違い、費用も随分とリーズナブルなケースが多いです。

大勢の人数で受ける教室のレッスンもありますが、少ない人数でのセミプライベートレッスンで、フェイシャルやボディマッサージの技術を、楽しみながら身につけることもできます。レッスンの日程も、平日だけではなく、土日も開催しているスクールもあるので、体験からチャレンジしてみると良いです。

エステは通信で学びましょう。

女性にとって、エステに通うことや、美を追い求めるというのは人生を歩む上で最も重要な事案と言っても過言ではありません。若い方なら幼少期、または小学生からエステに通っている母親などの真似事でスキンケアなどを行う仕草を見せますし、自分の肌についての状態を理解するのにも長けています。

当然、年齢を重ねても美を意識することは続きます。そういった美に関するスキンケアや、さらに美しくなりたいという向上心が他の女性をもっと美しくさせてあげたいという願いに変わる場合があります。独自に身に付けた知識やテクニックを、エステの資格を取得できる通信でさらにレベルを上げてみましょう。

エステの通信は、エステティック協会が主催している通信講座で、最終的には現場で活躍できる資格を取得するまでを目標としています。通信講座なので、専門学校に通う必要もありません。そのため、高額な授業料やレッスン料も必要がありませんので、家計の負担にならず知識を得ることが可能です。

さらに、すきま時間でお勉強することができるので、子育て世代やあまり自宅を空けることができない方に重宝することでしょう。自分のテクニックが他の女性に喜ばれることは、とてもやりがいを感じます。

通信講座でもエステシャンになれます

エステシャンは人の肌や全身を美しくするためのケアをすることが仕事です。それぞれのサロンによって若干の違いはありますが美容機器を利用したり、直接人の手で施術を行います。またサロンに訪れる人は直接的な美容効果だけではなく癒しの効果も期待していることも多いためコミュニケーションのための知識も身につける必要があります。

ではエステシャンになるためにはどのような方法があるのでしょうか。1つ目は専門学校で理論や技術を学んでサロンに就職する方法があります。2つ目は未経験でもしっかりと研修してくれて知識や技術を学ばせてくれるサロンに就職して働きながらエステシャンになる方法です。

ただこの場合は一人前になるまでは多少賃金が安くなるのは我慢しなければなりません。そして3つ目がエステシャンの資格取得通信講座を利用する方法です。通信講座であれば仕事をしていて専門学校に通う時間がなくても勉強の時間を自分でコントロールできるので自分のペースで理論や技術について学ぶことができます。

スクーリングに参加することで座学だけでは学ぶことのできない実技を身につけることもできます。またエステシャンの資格を持っていることで就職もしやすくなるでしょう。

エステに国家資格は必要なのか

エステには、国家資格はありません。「この資格がなければエステティシャンとして開業してはならない」といった決まりはありませんので、自分が「エステティシャンだ」と言えば、その時からでもエステティシャンなのです。ただしこういったことで数々の問題を抱えた業界は、健全な発展のために民間資格を設けました。

また学校なども設立し、専門的な知識や、接客に必要な知識などを身につけられるように、体制を整えてゆきました。資格にも下位資格から上級資格までありますので、客観的に判断するためには大変役立ちます。有資格者だから技術的に高いとは言えませんが、有資格者であることで、最低限の技術力と知識は持っているということが担保できるのです。

またこの資格に対する信頼性は一般的に高く、なにかトラブルがあった際にも「資格を持っていないものが施術を行っていた」ということで、一般的な見解としては「施術側に何かしらの不備があったのではないか」と受け止められてしまう節もあります。

エステの要素が強い施術の中でも、医師でしか行えないものがあります。こういったものに関しては、いくら上位資格を持っていたとしても、手が出せる領域ではありません。

エステの検定は色々あります

現在、エステシャンの資格は必ず必要というわけではなく国家資格もありません。ただ、実際にサロンで働くには、サロン系の専門学校で知識や技術を学んでから、資格を取得してからの方が就職しやすく有利です。また、国際資格も取得することで海外でも働くことが可能ですし、資格の手当ても出ますし将来性も高くなります。

他にもネイリストやアロマセラピストなどの美容関連の資格も一緒に取得すれば、更に幅広く活躍出来ます。検定には、主に次のようなものがあります。日本エステティック協会の資格は、認定校で通学や通信教育で所定のカリキュラムを修了し、同じ協会の試験に合格すると認定されます。合格率も高く、比較的取得はしやすいです。

日本エステティック業協会(AEA)の検定では、フェイシャルとボディの総合的な技術と知識を備えた資格で、認定された学校のカリキュラムを修了することで受験資格を得ることが出来ます。この場合も、通信教育があります。

他にも、国際エステティック協会が認定したものがあり、これは日本で初めて厚生労働省に認可を受けた国際エステティック事業共同組合と提携したスクール、トータルビューティーカレッジで取得できる資格で、協会の認定校で所定のカリキュラムの修了が受験の条件になります。ボランティアとしても知られていて、健全な発展や地域の確立、雇用の創出に寄与することを目的とした資格なので、信頼も高いです。

日本エステティック業協会とは

エステティックサロン事業者の団体である日本エステティック業協会はAEAとも呼ばれています。東京都の千代田区麹町に事務所を構えています。AEAでは業界の社会的信用や信頼性を高め、コンプライアンスの周知徹底などに取り組んでいます。その他、会員サービスの向上などにも取り組み、エステティック業の振興を目標としています。

AEAの会員になるメリットとしては、信頼感を与える事ができる点や、団体が主催する講演会や勉強会で同業者との繫がりを作る事ができる点です。会員相談窓口で経営や税務の事について相談できる点や、業界の発展に貢献できる点などもメリットと言えます。

入会は理事会の審査によって可否が決定されます。専用のヒアリングシートに必要事項を記入しAEAへ送ります。審査では一年以上継続して営業活動を行っているかなどの点がチェックされます。まず準会員として入会し、一定期間が経った後に正会員への昇格申請を行うのが基本的な流れとなります。

日本エステティック業協会では技術と知識を兼ね備えた人材を育てるために、AEA認定エステティシャン資格を用意しています。この資格を取得するためには、筆記試験と実技試験をクリアする必要があります。この団体では

エステシャンの仕事を学校で学ぶ

女性の美容への欲求は年々増え続けていると言って良いでしょう。また女性の美意識への高まりは、年齢による老化を抑える事にもなり、多くの方が美容を意思的生活をしているのではないでしょうか。最近では年齢の割に若く見える女性が多くいますが、これは現代人の美意識が高い事も影響しているのではないでしょうか。

こんな時代だからこそ、美容のプロフェッショナルになる道を選ぶ方も非常に増えてきています。現在、様々なエステがオープンしており、今後も美容業界は時代が求める存在として、需要が伸びるでしょう。そこでエステティシャンになる為に学校へ通うのも良い選択かもしれません。

エステティシャンは美容に関するプロフェッショナルとして、多くの女性の美容に貢献できる存在になります。学校へ通う事で、知識や技術を深め、資格などを取得して、プロの道を歩く事ができるでしょう。資格は、就職をしたり、転職をする場合も、非常に役立つので、学校へ通う場合は、しっかりと資格取得を目指すようにしましょう。

このお仕事は、多くの女性を喜ばせる音仕事なので、非常にやり甲斐もあるでしょう。また自分自信の美を深める事もできるので、女性がこの仕事を選ぶメリットは非常に多いと言えるのではないでしょうか。

エステの技術や知識の学べるセミナー

エステ関係のセミナーが行われていることをご存じでしょうか。主にエステ業界の従事者や経営者向けに行われるセミナーですが、色々な知識や技術が学べるのが特徴です。講師はエステ業界で現役で仕事をしている方ばかリですので信頼があります。技術を学ぶセミナーでは実際にエステの技術を体感できるのです。美容機器の使い方についても学べます。

更に経営者向けの内容ですとどのようにすれば女性の消費者のニーズに答えられるのかなどがわかるのです。セミナーは随時行われていますが、参加人数が限られているため満員になれば締め切られます。また大体は参加費がかかりますので用意しておいてください。

ただ講義の内容を見て聞くだけではなくわからないことがあれば質問できるのがいいところです。少人数で行われることが多いので一人一度は質問をする機会があります。まだこの業界の仕事をしていない方でも興味のある方は参加してみてもいいでしょう。参加はネットから予約することもできます。

もしも用事が出来たときにはすぐにキャンセルをしてください。予約制のものがほとんどですが、空きがあれば当日からでも参加できる場合もあります。ギリギリまで参加できるかどうかわからない方は当日に予約を入れるのもおすすめです。